沖永良部島の洞窟

沖永良部島の洞窟について簡単にご紹介いたします。
沖永良部島は、鹿児島の南約552km、沖縄の北約60kmに位置する離島。
サンゴが隆起した島で、総延長日本第2位の洞窟大山水鏡洞をはじめ、大小約200から300の洞窟の存在が現在までにわかっています。

沖永良部島ケイビング

洞窟というと普通「せまい」「暗い」といったイメージがありますが、沖永良部の洞窟は広いホールのようになっており、きれいな鍾乳石が見られます。水量が多いため、「シャワーケイビング」と呼ばれています。

一般的にケイビング(=洞窟探検)は、比較的狭いところを進む場合が多く、泥んこになります。

沖永良部島には、総延長日本第2位の洞窟をはじめ、大小約200から300の洞窟の存在が解明されており、「洞窟の聖地」といっても過言ではありません。沖永良部だけの洞窟探検ツアーにぜひ参加してみませんか?全くの異空間、ぜひお楽しみください。
沖永良部島洞窟内の化石