水連洞の水流調査に行ってきました

水連洞 水流調査

当協会が管理を託されている洞窟のひとつに地元の方を水流調査に行ってきました。沖永良部島は昔から洞窟の水は様々な用途で利用されています。最近の雨不足から農業用水も不足し始め、洞窟の中の水流を調査しました。
土地管理の仕事に携わる方も同行され、島全体で水が不足しているという話しでした。自然のもの僕たちが何か出来る事はないか?と考えた時、今あるものに手 を加えず、そのまま残す事がまずは取り組む事かなと・・・そしてケイビングで更に奥に行く僕たちだからこそ知ることの出来る情報を関係者に共有するという 事も大事だと痛感しました。
一般社団法人 沖永良部島ケイビング協会は、ケイビングツアーはもちろん、洞窟を含めた環境保護にも取り組んでいます。水連洞水流調査



コメントは受け付けていません。